curl を取り替えしたの httpie を使う

curl を取り替えしたの httpie を使う

ソフトウェアエンジニアとして、curl が必要なツールです。Resful Api をデバッグもしたし、HTTP header を指定したも curl が Linux と Mac プラットフォームで最も頻繁に使うツールです。私も curl を使う経験も10年になりました。以下のコメンドラインは一般的な curl の使い方。

    curl --verbose -H "X-SSID: ABCDEFG" "https://example.org"

最近、Chrome の拡張 Postman を使うの人がますます多くなります。人々はコメンドラインで Restful Api の response 調べてのを嫌いなります。それに、curl は色の出力がありませんでした。出力を読めたら、白色だけより色が有用です。それから、httpie を知っていて、実験をしてみて後、進めて決めます。

Mac で homebrew あれば、インストールは安いです。

    brew install httpie

基礎の使い方は http コメンド後、URL を指定します。

    $ http httpie.org
    HTTP/1.1 302 Found
    Connection: close
    Content-Length: 292
    Content-Type: text/html; charset=iso-8859–1
    Date: Sun, 22 May 2016 03:43:17 GMT
    Location: 
    Server: Apache/2.2.15 (CentOS)
    X-Awesome: Thanks for trying HTTPie :)

    <!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//IETF//DTD HTML 2.0//EN”>
    <html><head>
    <title>302 Found</title>
    </head><body>
    <h1>Found</h1>
    <p>The document has moved <a href=”
    ">here</a>.</p>
    <hr>
    <address>Apache/2.2.15 (CentOS) Server at httpie.org Port 80</address>
    </body></html>

Header を指定したらば、コロンが使っていて、header の key, value を指定します。

    http -v GET "https://example.org" Authorization:’ABCDEFG’ countryCode=US

HTTP の Verb も第二の引数を指定しできます。

    http PUT example.org name=John [email protected]

SSL を無視したら、 verify=no で検証をスキップします

    http -verify=no https://example.org

ダウロードしたら、download を入力します

    http —download https://github.com/jkbrzt/httpie/archive/master.tar.gz

もっとアドバイスの機能は、stream の response をログして、chunk を収集します。

    http - stream -f -a YOUR-TWITTER-NAME https://stream.twitter.com/1/statuses/filter.json track='Justin Bieber'