「ProtonMail」に移行して、「Gmail」を辞めます

Googleが想像以上にいろんな情報を取得した。何か調べ物がある時はGoogleで検索し、ブラウザはChromeを使って、メールはGmailで送信し、どこかに行く時Googleマープで所在地を確認し、YouTubeの動画を見て、Googleドライブに入れて、仕事はGoogle Docsを使いて。すべての閲覧履歴をGoogleが保存します。インターネット生活のほぼ全てをGoogleに絡め取られているの事は、良いことではない。そのため、Googleの依存度を減らしたい。

最初の辞めるのサービスは Gmail。メールは全ての情報は含まれている、クレジットカードでも、応募の情報でも、旅行情報でも、メールサービスは自分の情報を取得している、それが飛行機のチケット予約すると、Googleがカレンダーに予約を作成できるの理由。

ProtonMail の特徴

ProtonMailのメールデータは全て暗号化された状態でサーバー上に保存されています。データはすべてのステップで暗号化されていることから傍受のリスクはないとのこと。もっと知りたいたら、Andy Yen: Think your email’s private? Think againの TED トークの動画を見てください。

購入後1ヶ月間、使用した感想

移入が大体上手くいく、ProtonMail はカスタムドメインをセットアップすることがあります。paulme.ng のドメインをProtonMailに移行しました。スパムフィルタが ProtonMail より Gmail の方がうまい。ProtonMailのフィルタはが手動セットアップあとで、メールの分類正しいになりました。暗号化と便利のトレード・オフがと思います。暗号化したら、情報を取得できないだから、訓練データになし、機械学習的手法を使っていない、スパムメッセージの分類器を作っていこどができません。それ以外は、満足しています。